2005年08月28日

10月からの囲碁講座

gonaです・・・寝坊してNHK杯を見逃したとです・・・('A`)



未確認情報ですが・・・

832 :名無し名人:2005/08/17(水) 21:53:05 ID:Igyhff6E
おや、まだ誰も書いてないか・・・
10月からの講座は「大森泰志の自分流のススメ」です。

大森泰志 八段
http://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000241.htm


以前ジャーナルに登場した方ですね。分かりやすい解説が印象的でした。
良質な講座になる予感。
posted by gona at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2005年08月27日

三星杯国際予選:三回戦

トーナメント表



三回戦が終了し、各組の4強が出揃いました。


三回戦の結果。

13勝14敗(日本勢同士の対局を3局含む。)


今日勝ち残った棋士

B組:1勝1敗
清成哲也
次の相手は陳耀華を破った尹畯相。

C組:2敗
山田・小県が敗れる。

D組:2勝2敗(同士討ちが1局)
大矢浩一・溝上知親
大矢−王煜輝、溝上−王昊洋

E組:1勝
横田茂昭
次の相手は、坂井・金日煥を破った安達勳。

F組:1敗
松本六段敗れる。
朴正祥が知らない棋士に負けてる・・・

G組:1勝
中根直行
次の相手は金志錫二段。・・・知らない。

H組:1勝2敗
古谷裕
まさか!蘇耀国七段がアマ棋士に敗れる波乱。

J組:2勝1敗
鶴山淳志・金秀俊
鶴山−黄晨、金−朴進率
日本勢同士の決勝を!

L組:1勝1敗(同士討ちが1局)
望月研一
次の相手は湯川九段を破った李載雄。

M組:1勝1敗(同士討ちが1局)
林漢傑
最大の激戦区。
林六段の次の相手が姜東潤。
反対の山は、邱峻を破った王雷と、睦鎮碩を破った常昊との中国勢対決!

N組:1勝2敗
張豊猷
次の相手は下島七段を破った楊一。
反対の山には趙漢乗がいます。

O組:1勝1敗
柳時熏
次の相手が、謝赫。
もし決勝に進むと、相手は羅洗河かな?
厳しいけどガンバレ!

P組:1勝
井山裕太
韓国女流に勝利。
次の相手は金亨奐。・・・知りません。orz
反対の山では、朴文堯が王磊に勝ってます。




四回戦が29日(月)、決勝は30日(火)。

都合により、来週一週間日記の更新はありません。
どうか全滅だけはしませんように(-∧-;)




決勝の組み合わせを勝手に予想(若干の願望込み)

A組:内迺偉−許映皓
B組:黄奕中−尹畯相
C組:劉菁−李熙星
D組:溝上知親−王煜輝
E組:横田茂昭−劉世振
F組:洪性志−李喆
G組:中根直行−温昭珍
H組:古谷裕−金明完
I組:尹炫晳−李聖宰
J組:金秀俊鶴山淳志
K組:陳詩淵−徐武祥
L組:望月研一−玄味真
M組:常昊−姜東潤
N組:張豊猷−趙漢乗
O組:柳時熏−羅洗河
P組:井山裕太−朴文堯
posted by gona at 21:04 | Comment(4) | TrackBack(2) | 棋戦 | 編集

2005年08月26日

三星杯国際予選:二回戦後半

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!


井山四段、勝利!!!



・・・でも、K組の若手3人が全滅・・・(´・ω・`)

トーナメント表


※明日整理します。



二回戦後半の結果。

13勝13敗(日本勢同士の対局を1局含む。)

二回戦全体では、27勝25敗


今日勝ち残った棋士

I組:4敗
いきなり全滅ですか・・・orz

J組:3勝1敗
鶴山淳志・三谷哲也・金秀俊
この組は地味に期待。

K組:3敗
黄翊祖・村川・安斎の3人が一気に落ちる。
やはり若者の中では井山四段が抜けてるっぽいなぁ

L組:2勝1敗
望月研一・向井千瑛

M組:2勝1敗(同士討ちが1局)
林漢傑・石田篤司
この組は強者が集中しすぎ。
日本勢の山には姜東潤、反対の山に、常昊・邱峻・王雷の3人が。


N組:3勝1敗
下島陽平・張豊猷・大橋拓文
おばちゃん、おめでとー

O組:2勝1敗
星川拓海・柳時熏

P組:1勝1敗
井山裕太
反対の山では、三回戦で王磊と朴文堯が同士討ち。




27日(土)に行われる三回戦。

井山四段の相手は、金恩善二段。
知らない方だけれど、韓国の女流は安心できない・・・
posted by gona at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月25日

三星杯国際予選:二回戦前半

マーワー・・・なんで水不足の地域に行かないでこっちへくるんだ・・・



昨日から始まった、三星火災杯の国際予選。

二回戦がA組からH組まで終わりました。
残りのI組からP組は、明日行われます。

奕棋のトーナメント表
棋聖道場のトーナメント表
中国棋院のトーナメント表


対局風景
http://www.baduk.or.kr/news/homenews_view.asp?gul_no=507175&gdiv=2&frpg=MN
(日本の棋士も何人か写ってます。清成さんはひと目で分かるなぁ(^^;)




二回戦前半の結果。

14勝12敗(日本勢同士の対局を1局含む。)


今日勝ち残った棋士

A組:2敗(全滅)

B組:2勝2敗(同士討ちが1局)
潘善キ・清成哲也

C組:2勝1敗
山田規三生・小県真樹

D組:4勝
大矢浩一・藤井秀哉・溝上知親・武宮陽光
(秒読み名人勝利!)

E組:1勝2敗
横田茂昭
(坂井さんが初戦で消える)

F組:1勝3敗
松本武久

G組:1勝2敗
中根直行

H組:3勝
田村千明・蘇耀国・古谷裕



明日は柳時熏九段や金秀俊七段らが登場。

最大の注目は、井山−柳才馨戦。
posted by gona at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月24日

三星火災杯:国際予選がスタート

(追記2)

一回戦の結果。

10勝8敗(日本勢同士の対局を3局含む)


一回戦を勝ち抜いた棋士

清成哲也・蘇 耀国・井山裕太・中根直行・光永淳造
安斎伸彰・三谷哲也・竹清 勇・孫 英世・田村千明



二回戦は、日本勢だけで52名が登場。
トーナメント表によると、A組からH組が明日25日、I組からP組までが26日に行われるようです。
(人数が多すぎて分散するのかな?)

注目は、井山裕太 − 柳 才馨。(P組)
柳七段は今年行われる農心杯の韓国代表に決定済み。
(ちなみに他の代表4人は、李昌鎬・趙漢乗・元晟湊・姜東潤。)

K組では、今日倉橋九段に勝った安斎二段に加え、黄翊祖四段・村川大介二段の若手3人が登場。
安斎二段の相手は陳詩淵三段。

個人的にはG組の謝依旻二段も応援。初戦の相手が温昭珍二段。




(追記)

トーナメント表に結果が出ましたね。

とりあえず、蘇耀国七段・清成九段・井山四段は順当勝ち。
安斎二段が倉橋九段に勝利!

時間がないから後で詳しく見よう。




三星火災杯 国際予選トーナメント表
http://www.yigo.org/godata/wr/samsung/10-2006-pre.php

対局の様子
http://weiqi.sports.tom.com/php/display.php?id=13914
(加藤祐輝−中根直行戦。他は・・・清成九段しか見つけられない。)


今日行われる一回戦から、日本勢の対局のみ抜き出し。
(文字化けや段位の間違いは無視)


A組
柳澤理志 初段 − 内 廼偉 九段

B組
清成哲也 九段 − 李 龍熙 業餘

C組
安藤和繁 初段 − 洪 旻杓 四段

E組
河 英一 四段 − 安 達勳 六段

F組
光永淳造 五段 − 金 榮三 七段

G組
加藤祐輝 五段中根直行 八段

H組
田村千明 二段 − 梁 相國 八段
蘇 耀國 七段 − 河 好貞 二段

J組
三谷哲也 三段 − 許 壯會 九段

K組
安齋伸彰 初段倉橋正行 九段

L組
鈴木敬施 五段 − 朴 相燉 七段

M組
竹清 勇 三段 − 李 昊承 業餘

O組
矢代久美子五段 − 林 至涵 七段
孫 英世 四段 − 洪 鍾賢 九段

P組
井山裕太 四段大橋成哉 初段



注目は蘇耀国七段と井山四段あたりでしょうか?
個人的には、埼玉出身の安斎二段も応援。
posted by gona at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月23日

MultiGo 4.0 が正式リリース、シェアウェア化

MultiGo Download
http://www.ruijiang.com/multigo/download.php


8月14日にMultiGoのVersion 4.0が正式にリリースされたようです。
今回からシェアウェア化されました。($15.00)(30日間は試用可)

過去のVersionは3.9だけ公開されており、こちらはフリーのまま使えるようです。



更新情報はリンク先のページ下部に載っています。

レジストする気にはならないけど、GNU Go関連の新機能は微妙に欲しい(^^;
posted by gona at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2005年08月21日

アイスキャンディ

最近、「Dole 盛りだくさんフルーツ」にハマリ中。

シャリシャリした食感とフルーティな味がマッチして、これ以外のアイスを買う気にならないくらい( ゚Д゚)ウマー
posted by gona at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

今日のNHK杯

小林 覚  3目半 △井山裕太

ふむ、負けましたね。
いくら最近トップ棋士に勝っているとはいっても、現在絶好調で名人位挑戦を決めた覚九段は斬られてくれませんでした。

井山四段は現在桐山杯で準決勝まで勝ち進んでいるんですが、もし決勝まで進むと再びこの二人が対局する可能性があります。
リターンマッチとなるか今から期待。
(まぁ準決勝の相手は治勲さんなので厳しいかな?)




■一回戦

  

  


■二回戦

  

  
posted by gona at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | NHK | 編集

2005年08月18日

三星火災杯のシード棋士

中環杯が(自分の中では)終わったので、
次の世界戦「三星火災杯・世界オープン戦」の出場棋士まとめ。
棋聖道場の記事より)


本戦出場枠は32人。

国際予選の勝ち抜き枠:16人
(予選は8月24日から開始。ただし、韓国棋士の参加人数が多いため、韓国棋士同士の対局は先行して始めているらしい。)

日本棋院選出枠:2人
(羽根直樹・高尾紳路)

韓国棋院選出枠:6人
(曹薫鉉・李昌鎬・劉昌赫・朴永訓・崔哲瀚・宋泰坤)

中国棋院選出枠:2人
(孔傑・胡耀宇)

前回大会の準決勝進出者:4人
(李世ドル・王檄・古力・周鶴洋)


特別枠:1人
(依田紀基)

過去の成績からの選出枠?:1人
(趙治勲)

↑間違っている可能性アリ



日本から出場が決定しているのは4名。
この棋戦の優勝経験がある依田碁聖趙治勲十段
最近棋風改造中の羽根棋聖
タイトルホルダーになってから始めての世界戦出場となる高尾本因坊


※張栩九段は、名人戦七番勝負と開催期間が重なってしまうため参加できないようです。





−URL紹介−

「囲碁ブーム」に火を付けて 今度は「国際化」の旗振り役に
梅沢由香里五段の短いインタビュー

台湾で長編囲碁小説・王銘エン九段の夫人が執筆
連続ドラマ化も決定とか

会見ルーム:金秀俊七段
Q.井山四段と当たりますが?

阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦は…
井山 vs 治勲!
posted by gona at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

中環杯:準決勝

波乱は無し。

李世ドル九段が3目半勝ち、崔哲瀚九段が1目半勝ちし、決勝は韓国勢対決になりました。

△李世ドル 3目半  羽根直樹
http://weiqi.sports.tom.com/qipu/200508/2zh-3-1sgf.htm

 崔 哲瀚 1目半 △依田紀基
http://weiqi.sports.tom.com/qipu/200508/2zh-3-2sgf.htm


お二人ともおつかれさまでした。m( __ __ )m












。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
posted by gona at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月17日

中環杯:途中経過

中環杯の棋譜を見終わったので、メモ書き。


■一回戦(14日)
 羽根直樹  2目半 △張 栩
 崔 哲瀚  中押  △趙 治勲
△山下敬吾  中押   周 俊勲
△依田紀基  中押   陳 詩淵
△金 成龍  中押   林 海峯
△王 立誠  中押   朴 永訓
 王 銘エン 半目  △李 昌鎬
△李 世ドル 7目半  林 至涵

絶対計算!(意味不明)
メイエンさんがチャンホを半目で降す。

リッセイさんは朴永訓に勝利、前回大会の借りを返す。
李昌鎬・朴永訓の二人が初戦で消えたのは大きいな〜

治勲さんは読み合い負けっぽい。
林先生は惜しかった(と思う)。

台湾棋院所属の棋士は全て消え、二回戦以降は「日本棋院 vs 韓国棋院」。

日:3(羽根、依田、山下)
韓:3(崔、金、世ドル)
台;2(立誠、銘エン)




■二回戦(16日)
 羽根直樹  中押  △王 立誠
 崔 哲瀚  1目半 △山下敬吾
△依田紀基  中押   金 成龍
 李 世ドル 中押  △王銘エン

メイエンワールドもセドルには通じず。
山下天元、惜しくも最後のコウ争いで逆転負け。

一番面白かったのが、羽根−立誠戦。
途中まではリッセイさんの楽勝ペースで、「ここからどうして負けたんだろう」と思っていたら、左辺の大石が死んで大逆転。
どこで誤算があったのか知りたいな〜

メイエン、リッセイの両棋士が敗れ、台湾勢は姿を消す。

日:2(羽根、依田)
韓:2(崔、世ドル)




■準決勝の組み合わせ(18日)
 羽根直樹 − 李 世ドル
 依田紀基 − 崔 哲瀚

早くも明日は準決勝。
順当なら、韓国勢同士の決勝になってしまうんでしょうか。

珍しく羽根さんが勝ち残っているなぁと思ったら、一回戦・二回戦とも日本棋院所属の棋士だったんですね。
セドル相手に汚名返上なるか。
(個人的には、「ヨーダが決勝でセドルを破り優勝!」という図が最高ですけど。(^^;)




棋聖道場の記事によると、現在のところ李世石九段は世界戦13連勝中で、今年の成績は14勝1敗だそうです。
(その1敗は、1月に行われたトヨタ&デンソー杯、常昊九段との決勝3番勝負)

もしこの中環杯で優勝すれば世界戦四冠王か。呆れてしまう・・・

現在は韓国内の成績がイマイチで、プロ棋士ランキングでも2位に甘んじてます
が、これから国内のタイトルを獲り始めたら、一気にセドル一強時代へと移って
しまいそう。
posted by gona at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月15日

最近ブックマークしたページ

小泉内閣総理大臣記者会見[衆議院解散を受けて]
「私は、この郵政民営化よりももっと大事なことがあると言う人がたくさんいるのも知っています。しかし、この郵政事業を民営化できないでどんな大改革ができるんですか。」
選挙権がある方は、とりあえず読もう(or 観よう)ビデオ版

NetBSDで動くトースターが開発されました
写真 ネット家電?(;・∀・)

Ajax を使った日本語 Full IME
ただ恐れ入るばかり

売国
「売国奴」も

詳しく?
ウェ゛

「まんが日本昔ばなし」ゴールデン復活
ヽ(゚∀゚)ノ

お姉ちゃんが作った囲碁ネコ
ほのぼの

べつやくれい特集
DPZの記事リンク集
posted by gona at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2005年08月10日

囲碁ニュースをRSSで

[CNET Japan]
Google News、フィード配信を開始--RSSとAtomをサポート
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20086288,00.htm


記事のタイトルだけ見て「ついにキタか!」と思ったら、
RSS/Atomフィードの配信は、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、英国、インド向けの6つのバージョンでスタートする。
ということで、日本ではまだ始まらないらしい。残念。


で、この記事を見ていたら「gnews2rss-jp」の存在を思い出したので、ちょっと紹介します。(既に知っている方はスルーしてください)




gnews2rss-jp
http://bulknews.net/syndicate/gnews2rss.cgi


見ればすぐに分かると思いますが、GoogleNews の検索結果を RSS に変換するという超絶便利なものです。

たとえば「囲碁」というキーワードで出力したものをRSSリーダに登録しておけば、定期的(15分毎くらい?)に 囲碁ニュースが届きます。
(囲碁のニュースなんてそうそうありませんが。)


ただし、以前こういうコトがあったので、かなりグレーなものだと思います。
コチラにも書かれているように、「空気を読んでお使いください。」
posted by gona at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2005年08月09日

韓国プロ棋士ランキング

(追記)

棋聖道場に20位までのランキング表がありました。
http://weiqi.sports.tom.com/php/display.php?id=13753
宋泰坤七段は11位


GOBASEには50位までのランキング
http://gobase.org/reading/trivia/?id=hankukrating


[innolife.net]
イ・チャンホ9段、プロ棋士ランキング1位
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=5&ai_id=46399



韓国棋院が、プロ棋士のランキング制を導入したらしい。


[韓国棋院]
50位までのランキング表
http://www.baduk.or.kr/news/homenews_view.asp?gul_no=507107&gdiv=1&frpg=MN

ランキングの仕組み?
http://www.cyberoro.com/news/news_view.asp?gdiv=0&gul_no=507106


全部ハングルなので詳細は分かりませんが、写真が載っている5位までをとりあえずメモっておきます。

    1.李昌鎬 九段
    2.李世ドル 九段
    3.崔哲瀚 九段
    4.朴永訓 九段
    5.趙漢乗 八段


海外棋士について無知な自分でも、さすがに知ってる方ばかり。
(5位の趙漢乗八段は前回のLG杯決勝でテレビアジア選手権決勝で張栩九段と戦った方ですね。)LG杯は兪斌九段だよ、阿呆・・・

6位以下はハングルを読めないと難しいですが、自動翻訳にかけてみたところ劉昌赫九段が8位、曺薫鉉九段が10位というのは確実っぽいです。


韓国も導入したことで、日本棋院にもランキング制を導入する気運が高まってくれればいいんですけどね〜

一応、ジェイゴーさんがランキングを作成されてますが、やっぱり公式なものが欲しいかな。
(ちなみに井山四段は25位)



・・・とか書いていたら、2chの韓国棋院スレに10位までのランキングが書かれているので、引用させてもらいます。
108 :名無し名人:2005/08/08(月) 22:26:36 ID:EZsDvBtq
李昌鎬
李世どる
崔哲瀚
朴永訓
趙漢乗
元晟湊
??? 五段で強いのっていうと朴正祥だろうか
劉昌赫
李映九
曺薫鉉

これでいいのかな。宋泰坤が入ってないのは意外だね。
posted by gona at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2005年08月08日

名人戦七番勝負は「張栩 vs 覚」

さすが勝ち星ランキング1位の男!

名人戦プレーオフ、小林覚九段が山下天元を白番1目半勝ちで降し、張栩名人への挑戦権を獲得しました。


覚九段が名人位挑戦手合いに登場するのは初めてなんですね。

張栩名人は一時期の圧倒的な強さが影を潜めている感もあるので、好調を持続している覚九段が有利なんでしょうか?
前期の挑戦者決定戦と同じ顔合わせで行われる七番勝負、楽しみです。

名人戦七番勝負第1局は9月7日・8日に行われます。



[朝日新聞]
小林覚九段が初挑戦 囲碁名人戦
http://www.asahi.com/igo/news/TKY200508080189.html
(写真がエレベータの前。(^^;)

[日本棋院]
プロ棋戦情報
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/index.htm
posted by gona at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月07日

三星火災杯国際予選

(05/08/08 追記)

いつの間にか、奕棋にトーナメント表が掲載されてました。
http://www.yigo.org/godata/wr/samsung/10-2006-pre.php


この国際予選に関して、「囲碁と法律の雑記帳」8月7日の記事で、各組の展望を鋭く書かれています。必見!
http://plaza.rakuten.co.jp/igolawfuwari/diary/200508070000/



8月24日から始まる、三星火災杯の国際予選トーナメント表を見ました。

数えてみたところ、日本からは5960名出場するらしい。

全部書き出すのは面倒なので、興味があるところだけ。


【B組】
大沢奈留美三段−陳耀燁五段。
陳五段は井山四段と同じく1989(平成元)年の生まれで、今年のLG杯で李昌鎬九段を破りベスト8に進出しています。


【F組】
週刊碁に連載を持っている金賢貞三段が朴正祥五段と当たってしまった。


【G組】
謝依旻二段も出場。
金在九八段−温昭珍二段戦の勝者と対局。


【J組】
金秀俊七段は韓国の金孝貞との「金金対決」。(意味なし)


【K組】
倉橋正行九段、黄翊祖四段、村川大介二段、安斎伸彰二段が、同じ組に入ってしまってる。
(倉橋−安斎は初戦でぶつかる。)


【P組】
「井山四段は出場してないのかな〜」と見ていたら、一番最後のP組に名前が。
初戦の相手は大橋成哉初段。

井山四段の組で名前を知っている棋士はというと・・・王磊八段がいる!
しかも王磊八段の初戦の相手が、なんと大場惇也三段。

この組が一番楽しみかも。(・∀・)



この国際予選は、A組からP組までの16組あり、一つの組が18〜19名で構成されています。(全部で296人!)
それぞれの組を勝ち上がった16名と、シード選手16名が本戦に参加できます。


最後にトーナメント表の在処ですが、韓国棋院サイト内のこのページからダウンロードできます。(指マークがついているところ)
ただし、アレアハングルファイル(拡張子がhwp)なので、普通のPCには開けるソフトが無いと思います。

ココからアレアハングルViewerをダウンロード、インストールすれば閲覧できるようになりますが、近いうちに日本棋院などで掲載されるでしょうから、それを待ったほうが良いと思います。


一番上のリンクから、トーナメント表が見れます。
posted by gona at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2005年08月06日

注意:明日のNHK杯は時間変更ですよ〜

前にも書きましたが、明日と14日のNHK杯は放送時間変更になってますんで、ご注意ください。
■8月7日 1 回戦第18局 ※午後1時25分〜3時05分(放送時間変更)
大竹 英雄 名誉碁聖 VS 小林 泉美 六段
解説者:林 海峰 名誉天元

■8月14日 2回戦第1局 ※午後1時25分〜3時05分(放送時間変更)
羽根 直樹 棋聖 VS 倉橋 正行 九段
解説者:中野 寛也 九段


注目度が高い対局なんで、見逃すとショック大かも。




あ〜それにしても近鉄囲碁まつりを観にいける方がうらやましい。
(特に初日・二日目に行われる井山四段関連のイベント)

埼玉からじゃ往復の交通費を考えただけで・・・orz

ノーエさんのサイトでレポートされるのを期待して、楽しみに待とう。
posted by gona at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

初手天元、二手目五の五

「囲碁でいきてく社長の生活〜PocketGoban Style」の7月29日の記事にあった「初手天元、二手目五の五」の棋譜に興味が湧き、ちょっと探してみました。


[山陽新聞]
2001 山陽特別二番碁
http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/nibango/2001/top.html

↑このページの上部に棋譜再生ページへのリンクがあります。
他にも、前夜祭・対局時の様子などの動画も見れます。(画面サイズが超小さいですが)


この初手天元は突然打ったわけではなく、一局目に山下碁聖(当時)が初手天元に打ったことを受けて、今村九段が二局目に初手天元打ちをお返ししたという形らしいのですが、その天元打ちも前夜のレセプションで司会者に促される形で宣言しちゃってます。(^^;
一応真剣勝負とはいえ、お祭り的な要素がある棋戦だったみたいですね。

そして天元返しを宣言どおりに打った今村九段もすごいですが、二手目に「五の五」で応えた山下碁聖もあっぱれ。
もう今ではこんな事起こらないだろうな〜


ちなみに「ヒカルの碁」で出てきた「初手五の五、二手目天元、三手目五の五」は、第30回新鋭トーナメント戦決勝での高尾−山下戦です。(超有名ですが)
この棋譜は(これまた有名ですが)「ヒカルの棋譜」というサイトにありますので、興味がある方はどうぞ。
posted by gona at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁雑記 | 編集

2005年08月05日

新人王戦:決勝の組み合わせ決定

[しんぶん赤旗]
囲碁第30期新人王戦/決勝の顔合わせ決まる
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-05/2005080515_03_2.html


井山四段の相手は金秀俊七段に決定しました。
決勝三番勝負は九月中旬頃に始まる予定。
(両者とも決勝進出は初めて)



正直、蘇耀国七段が来ると思っていたので少し意外。

決勝は当然井山四段を応援したいところだけれど、心情的には金秀俊七段にそろそろ弾けて欲しい気持ちもある。
好勝負を期待。
posted by gona at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

謝依旻

某所で鳳凰杯の結果が書き込まれていた。

謝 依旻二段が3位に入ったらしい。本当だとしたら凄いなぁ。


謝二段が入段した時のリーグ表を見たんですが、驚きですね。

院生と外来合わせて18名による総当りリーグ戦に、参加者中最年少の13歳で参加。
初戦、二戦目と連敗してしまうんですが、その後は立ち直って白星を重ね、2名しか入段できない採用試験に合格してしまいます。

こういうのを見てしまうと否が応でも期待が膨らみますね。
近い将来、週刊碁に「女流タイトル独占!」なんて活字が躍るかも。
posted by gona at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集