2006年08月31日

第1回大和証券杯ネット囲碁オープン

日本棋院サイトで詳細が公表。


第1回大和証券杯ネット囲碁オープン
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/

無料会員でも見られると思っていいのかな。
(いつも通り解説は有料会員のみ)


出場者一覧
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/sub03_02.asp

本戦リーグ表
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/game_table.asp

大会要項
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/sub02_02.asp
対局日時:週末夜8時スタート(代替日の場合あり)

選抜選手16名(4リーグ)のリーグ戦を行い、 各リーグ優勝者+八大棋戦タイトル保持者(シード)による決勝トーナメントを実施。
なぜか無冠の依田九段がシードされていると思ったら、碁聖位を失う前の7月25日時点なのか。
(ところでヨーダはPC扱えるんだろうか)



■スケジュール
09/03(日)井山裕太安斎伸彰
小林覚蘇耀国
柳時熏中野寛也
09/07(木)王立誠山田規三生
09/09(土)羽根直樹井山裕太
王銘エン三村智保
09/10(日)小県真樹安斎伸彰
小林覚柳時熏
蘇耀国中野寛也
王銘エン山城宏
三村智保レドモンド
王立誠山田拓自
09/16(土)小林覚中野寛也
王銘エンレドモンド
山田規三生金秀俊
09/17(日)小県真樹井山裕太
蘇耀国柳時熏
三村智保山城宏
09/23(土)羽根直樹安斎伸彰
王立誠金秀俊
山田規三生山田拓自
09/24(日)羽根直樹小県真樹
山城宏レドモンド
山田拓自金秀俊
posted by gona at 10:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2006年08月30日

DS「趙治勲の詰め碁」公式サイト

特に目新しい情報無し。

MYCOM GAME WEB
http://soft.mycom.co.jp/
MYCOM GAME WEB 囲碁 for ニンテンドーDS
http://soft.mycom.co.jp/dsigo/tsumego/index.html


(追記)
任天堂サイトより

誰でもカンタン!趙治勲の詰め碁
http://www.nintendo.co.jp/ds/software/a5cj/index.html
スクリーンショット
http://www.nintendo.co.jp/ds/software/a5cj/ss01.html
(追記終わり)



■関連
gonaの囲碁日記: DS「趙治勲の詰め碁」続報
誰でもカンタン! 趙治勲の詰め碁 - / ファミ通.com
http://www.famitsu.com/
game/coming/2006/07/10/104,1152499404,56497,0,0.html
posted by gona at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年08月29日

明日からBS2でTVアジア選手権の録画放送

将棋と囲碁の番組紹介 〜タイトル戦・特別番組〜
衛星第2テレビ
8月30日 午後4時00分〜6時00分
8月31日 午後4時00分〜6時00分
9月 1日 午後4時00分〜6時00分

矢代女流本因坊+日替わり解説者+司会(NHKアナ)。
去年は武宮九段と稲葉さんの2人だったから、豪華になった…のかな?


Yahoo!テレビ
30日
▽1回戦「王檄×劉昌赫」▽1回戦「李昌鎬×今村俊也」
31日
▽1回戦「羽根直樹×羅洗河」▽準決勝「張栩×王檄」
1日
▽準決勝「羽根直樹×李昌鎬」▽決勝「李昌鎬×王檄」


■関連
gonaの囲碁日記: 11日までTVアジア選手権戦
http://gona.seesaa.net/article/22057136.html
posted by gona at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | 編集

2006年08月26日

第3回トヨタ&デンソー杯

トヨタ&デンソー杯第3期囲碁世界王座戦
http://www.nihonkiin.or.jp/event/toyota-denso/003/index.htm


■準決勝
張栩三冠、217手で中押し勝ち・日本代表が初の決勝進出
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/sekai/choten.cfm?i=20060901gq016gq
決勝は三番勝負で2007年1月6日に第1局、同月8日に第2局、翌9日に第3局を戦う。対局場は東京都の「ホテル・ニューオータニ」の予定。
去年のLG杯・TVアジア以来の決勝進出、おめでとうございます。
決勝の相手は、初対決の李世ドル九段。
世界戦の決勝でセドルと初対決なんて格好良すぎるぜ。


7月にデンソーの会長を理事長に迎えた日本棋院。直後のトヨタ&デンソー杯で、日本棋院所属棋士が決勝に進出。
日本棋院の中の人はホッとしているんじゃないかという子供っぽい考えが浮かんでしまった。


■準々決勝
張三冠、日本勢初のベスト4入り・世界王座戦
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/sekai/choten.cfm?i=20060830gq020gq

日本1、韓国3。
準決勝で二李対決。

張栩九段の相手は朴永訓九段。
チャンホ・セドルと決勝まで当たらないとはくじ運が良い…と言っても大丈夫かな。
やっぱり失礼だな。


■二回戦

日本勢は2勝1敗・世界王座戦2回戦
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/sekai/choten.cfm?i=20060828gq024gq

ベスト8に2人。めずらしや。



世界王座戦・1回戦組み合わせ決まる
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/sekai/choten.cfm?i=2006082507112gq
頼りの張栩九段・結城九段の相手が…

<写真特集>談笑する各国棋士ら
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/sekai/choten.cfm?i=20060825gq001gq
ヨーダは出家でもしたのかな(・∀・;)

張栩三冠「参加できることは光栄」・各国出場選手のコメント
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/sekai/choten.cfm?i=20060826gq000gq
今回のアギラールさんには憑くでしょうか。




対局結果
http://www.nihonkiin.or.jp/event/toyota-denso/003/tournament.htm

張栩九段はさすが。
他にもう一人ぐらい中韓に勝つかなと思っていたけど見事に全滅でワラタ。
結局、うっくん頼みになってしまうのか。
posted by gona at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2006年08月19日

メイエン夫妻の著書発表会映像

メイエン事件簿 - 第12話 ドサ回り
http://taisen.mycom.co.jp/taisen/contents/igo/meien/meien_12.htm
そういう事情で、出版社から台湾で宣伝活動をやってほしい、との要望がきた。こっちもついでに台湾里帰りの軽い気持ちでOKしました。

この映像も活動のひとつかな。

銘報即時新聞
http://mol.mcu.edu.tw/show.php?nid=72947
rmファイルへの直接リンク
rtsp://www.cm.mcu.edu.tw/1153500787.rm

060819.png



出版社サイトの紹介ページ
http://www.locuspublishing.com/product.asp?book=1111SM069
張栩名人も推薦!

イメージを拡大
http://www.locuspublishing.com/books_popup.asp?book=1111SM069



■参考

(去年のニュース)
台湾で長編囲碁小説・王銘エン九段の夫人が執筆
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/topics/2005.cfm?i=2005081005829go
執筆したのは劉黎兒さん。王銘エン九段の夫人で、昨年まで台湾有力紙の東京特派員を務め、現在はフリー。
台湾有力紙=中国時報


劉黎兒さんは著作多数
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E9%BB%8E%E5%85%92

劉黎兒さんのBlog
http://blog.appledaily.com.tw/lill/
posted by gona at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年08月18日

日本棋院、土曜・日曜夜8時開始のネット棋戦を開催

連休明けにこんなニュースが。


日本棋院 - ニュースリリース
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/pressroom/newsrelease/20060817.htm
日本棋院初の本格的インターネット棋戦実施
「第1回大和証券杯ネット囲碁オープン」開催のお知らせ
大会の詳細につきましては、8月25日以降に以下のアドレスでご案内します。

日本棋院ホームページ(http://www.nihonkiin.or.jp/
日本棋院ネット対局ホームページ(http://taikyoku.nihonkiin.or.jp/

無料会員でも観戦できるのかな。
posted by gona at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2006年08月11日

韓国プロ棋士の解説スタイル

東亜日報(Yahoo!翻訳)
プロ棋士の解説にもカラーがある
観戦記はおおよそ3個の工程を経て完成される。最初の基本資料は対局者たちが残した一枚の棋譜。ここに対局者または第3のプロ棋士が詳細な解説を添えて、最後に専門記者によって加工されたものが観戦記だ。
面白いのはプロ棋士たちの解説にもそれぞれ個性がありカラーが違うという点。現職観戦記者たちにプロ棋士たちの十人十色解説スタイルに対して聞いてみた。


■曹薫鉉九段
観戦記者の間で一番難易度が高いという評判。
曹薫鉉九段の解説を理解することができれば五段以上。
言葉を速射砲のように発する。
国際大会からの帰途、飛行機の中で磁石碁盤を使って15分ほどで囲碁一局をさっさと解説してしまった事はまだ観戦記者の間で伝説に膾炙されていたりする。

■李昌鎬九段
「余白の解説」
記者には行間を理解する能力が求められる。
禅問答に近い。
そうした李昌鎬九段がこの間囲碁TV解説者にびっくり出演して話題になった事があった。これを見て多くの記者たちが隔世の感を感じたと言ったら、果して歳月は石仏も踊るようにするようだ。

■劉昌赫九段
実力が強いうえ解説も明瞭で観戦記者の間で人気が高い。
ただ、時々相手の顔を睨む習慣がある。
劉昌赫九段が解説を止めて急に顔を眺められるとかなりの記者たちは心臓が凍りつくように冷ややかな感じを受けると言う。'今理解していますか?'と追窮するような目つきだか何だか。

■金成龍九段
記者や読者の期待通りの解説をしてくれる「オーダーメイド型解説」。
記者たちの都合を知りすぎているため新鮮味が少ない。


■朴鋕恩六段
李昌鎬より寡黙。
声が小さい。
ところで面白いことは朴鋕恩六段に解説を受けてから不平を並べ立てる記者を見た事がないという点。
(謎だ)


■内廼偉九段
ルイ九段は中国人だからどうしても韓国語が下手だ。しかしそうだとして彼女が解説ができないと思うのは大きな計算違いだ。
「良いです」「悪いです」「危ないです」の三語だけで80%位は意思疎通が可能。
(本当かな(・∀・;)


■金栄三七段
ポイントをよくついて記者たちの間でも人気が高い。
完成した原稿を必ずチェックする完壁主義者。
どうしても忙しくて自分が目を通せないときは奥さんの玄味眞四段に見てもらう。



趣味がすなわち仕事の観戦記者の世界。分かってみれば彼らの仕事かなりおもしろい。
posted by gona at 11:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年08月10日

棋聖道場の棋譜の文字化け対策

いつものことですが、知っている人には「何をいまさら」な内容です。



■症状

http://weiqi.sports.tom.com/qipu/200608/18yzb-luoyusgf.htm

このような棋聖道場の棋譜URLを一般的な日本語Windows環境のIEで開くと、以下のように文字化けしてしまいます。

060810_01.gif


■対策

ブラウザウィンドウ内で右クリック後、 エンコード → その他 → 簡体字中国語(GB2312)と順に選択すると、以下のような正常な表示に変わります。
(簡体字中国語なら基本的にどれを選んでもOK)

060810_02.gif



ただし、MultiGoのような文字コードを変更できるSGFエディタを使用している場合は、SGFエディタ側でエンコードできるので以上の作業は必ずしも必要ありません。
(わたしの場合はMultiGoのエンコードをあまり触りたくないので、大体ブラウザ側で変更しています。)


(追記)

■MultiGoで直接読み込んだ場合

●日本語化パッチを適用していない場合
メニューから、Advanced → Encoding → Chinese Simplified (GB2312) と順に選択。
次にメニューから、File → Reload を選択すると文字コードの変更が反映されます。

●日本語化パッチ適用済みの場合
メニューから、拡張 → エンコーディング → Chinese Simplified (GB2312) と順に選択。
次にメニューから、ファイル → 開き直す を選択すると文字コードの変更が反映されます。


一度Chinese Simplified(簡体字)に変更すれば、次からはReload(開き直す)しなくとも正常に表示されます。
ただし、Chinese Simplified(簡体字)に設定しているときに日本語の棋譜を読み込むと文字化けします。
この場合はJapanese (Shift-JIS)に設定し直してください。
posted by gona at 11:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

のだめ

フジテレビ - のだめカンタービレ
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/

ネタじゃなかったのか、月9でドラマ化。



上野樹里&玉木宏主演「のだめカンタービレ」フジ“月9”でドラマ化:芸能:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060810-OHT1T00062.htm
来年1月から同局でアニメ化も決定した。
アニメの方がまだましかな。
posted by gona at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2006年08月09日

最多優勝記録

朝鮮日報(Yahoo!翻訳)
師匠様の最多優勝記録破っても良いでしょうか?
李昌鎬、最近上昇勢… 5〜6年以内に‘曹薫鉉 157回’を超えるか


“先生もう少しだけお待ちください”
“あいつもう近くまで追って来たな、ハハ”

世界最高の囲碁師弟、曹薫鉉(53)と李昌鎬(31)の間の通算タイトル数競争が本格化してきた。
曹薫鉉は国内外の舞台でおよそ157回、李昌鎬は131回にわたって頂上に立った。もちろん全世界をひっくるめて1、2位記録だ。二人の差はわずか26個。
それなら果たして李昌鎬が曹薫鉉に追い付く日はいつ頃だろう。それには李昌鎬の最近のペースが重要な鍵になる。
彼は2002・2003年に各7個のタイトルを獲得した後、2004年5個、2005年4個と退潮気味だったが、最近また上昇カーブを描いている。今年既に4個の棋戦を制覇して年末までに6個前後、成績次第ではそれ以上も可能だろう。
国際大会の開幕毎に‘優勝候補筆頭’は相変らず李昌鎬だ。優れた後輩たちから追われているが、このペースならおおよそ5〜6年の内に師匠と肩を並べるようになるという計算が出る。

060809.gif


曹薫鉉は全盛期14年の間行われた146個の棋戦で110回優勝、当時優勝シェアが75.3%に達した。李昌鎬が最高潮だった93年から99年まで131大会で75回を席巻する時にあげた57.3%を圧倒する。
しかし国際大会が90年代以降本格化されたし国内舞台の‘難易度’もやはり以前よりずっと高くなった。代わりにタイトル数は‘曹薫鉉時代’から‘李昌鎬時代’に移りながら倦まず弛まず増えた。両雄の優勝回数を単純に比べて優劣を選り分けることはできないという意味だ。
史上最強の‘師弟ライバル’と呼ばれてきた曹薫鉉と李昌鎬。この奇妙なカップルは各種記録競争に引き続き通算タイトル数で再び宿命的な ‘延長戦’を繰り広げている。
posted by gona at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年08月07日

11日までTVアジア選手権戦

第18回テレビ囲碁アジア選手権戦

羽根直樹羽根直樹
B+R
(第3局)
李昌鎬
W+2.5
(準決2)
王檄
W+R
羅洗河
今村俊也李昌鎬
B+6.5
(第2局)
李昌鎬
王檄王檄
B+14.5
(第1局)
王檄
B+R
(準決1)
劉昌赫
張栩



■決勝
速報記事
王檄、感激の世界大会初優勝!
写真記事

■準決勝第2局
速報/李昌鎬、羽根直樹に逆転勝ち!
総合/李昌鎬,TV囲碁アジア V4に向けて!
写真記事

■準決勝第1局
王檄、張栩を破り初出場で決勝進出!

■第3局
羽根直樹、羅洗河破って準決勝進出!
「ルールに対する意見差」ってなんだろう。(三劫かな?)

■第2局
第2局の写真記事
李昌鎬笑って,劉昌赫泣く

■第1局
第1局の写真記事
うっくんと羅洗河九段の検討を離れたところから見つめる‘するのねNaoki’

劉昌赫,惜しい逆転負け

■開幕式
韓国棋院の記事(Yahoo!翻訳)
へぇ、今村九段と劉九段って同い年生まれなんだ。

開幕式の様子




テレビ放送は8月30日からの予定。

将棋と囲碁の番組紹介 〜タイトル戦・特別番組〜
http://www.nhk.or.jp/goshogi/special/index.html
衛星第2テレビ
8月30日 午後4時00分〜6時00分
8月31日 午後4時00分〜6時00分
9月 1日 午後4時00分〜6時00分
posted by gona at 22:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2006年08月06日

060806.png
(虫だけ無駄に連続写真)

解説室からカメラが切り替わった直後に右上から右辺を疾走。
右下で10秒程たたずんだ後、退出。

376 :NHK名無し講座 :2006/08/06(日) 14:30:49.93 ID:YtcDDu+/
19-19ハエ
posted by gona at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | 編集

第54回NHK杯 一回戦終了

 シード二回戦参加
東京本院9111019
中部総本部0311
関西総本部1112
関西棋院83210


前回に続き関西棋院勢が好成績。
負けた3局には、同士打ち一局と例の一局が含まれています。
posted by gona at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | 編集

2006年08月04日

梅沢五段出演の「ようこそ先輩」は明日放送

番組ホームページ -課外授業〜ようこそ先輩〜-
http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/next/next.html
2006年8月5日放送
「プレッシャーは希望」
立川市立南砂小学校
梅沢由香里 (棋士)

総合テレビ
2006年8月5日(土) 09:30 - 09:58.30  ※再放送もあり

秒単位なんてはじめて見た。めんどうだから10時まで録画しておこう。



ようこそ先輩 梅沢由香里のつれづれ日記/ウェブリブログ
http://yukarigo.at.webry.info/200606/article_12.html
今思うに、多分顔はひきつりまくりで必死オーラ丸出しでしょう。もっとああいう風に言えば良かったな、というのもあります。
でも自分なりには精一杯やったかな。
posted by gona at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年08月02日

元院生Sorin Gherman氏のWebサイト

Insei in Japan
http://igo.resurse.com/ (del.icio.usより)

ルーマニア出身。
小林千寿プロに誘われて来日し、1年半ほど院生を経験されたそうです。

Go student ("insei") in Japan
http://igo.resurse.com/Go/Insei/
(院生について)

Commented Go Games From the Insei League
http://igo.resurse.com/Go/Insei/indexKifu.html
(院生時代のコメント付き棋譜)



第21回世界アマの選手紹介
http://www.nihonkiin.or.jp/amakisen/worldama/21/europe-player.htm

[PDF]ハンス・ピーチ六段を偲ぶ
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/hans_shinobu/hans_pietsch.pdf
後輩にあたるSorin Gherman氏も追悼メッセージを寄せています。

関係ないけれどこのPDFファイルの最後には、ハンス・ピーチ初段(当時)が依田碁聖(当時)を破った棋譜があります。(小林覚九段の解説つき)
posted by gona at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

明日は名人リーグ最終戦

(追記)

asahi.com: 高尾本因坊が優勝、初の挑戦権 囲碁名人戦挑戦者決定L - 囲碁
http://www.asahi.com/igo/news/TKY200608030497.html

(追記終わり)


asahi.com:囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦、3日に最終4局 - 文化芸能
http://www.asahi.com/culture/update/0802/027.html

条件1:高尾本因坊が敗れる
条件2:山下棋聖に勝つ
条件3:プレーオフで山田−坂井戦の勝者に勝つ


('A`)
posted by gona at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

第11回三星杯 国際予選

A-N組(男性)
http://www.yigo.org/godata/wr/samsung/11-2007-pre.php
O-P組(女性)
http://www.yigo.org/godata/wr/samsung/11-2007-pre-f.php

8月12日〜17日って…お盆休み中だから見れないや。
posted by gona at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集