2006年12月27日

依田九段が十段戦挑決に進出

第45期 十段戦 本戦
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/jyudan/045.htm

十段戦の敗者組決勝で、依田紀基九段が“天敵”張栩碁聖を破って挑戦者決定戦に進出。
趙治勲十段への挑戦権を山下敬吾棋聖と争うことに。



・・・グッ

来年の楽しみが増えた。



今週の手合結果・来週の対局予定
http://njk.nihonkiin.or.jp/UI/01INFO/news.php

今週は3局しかないのに、うち2局で依田九段の名が。
posted by gona at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

年末年始録画予約メモ

テレビ東京系列
12月30日(土)11:30〜12:55
12月31日(日)12:30〜13:55

TVO テレビ大阪: 京都 もうひとつの歴史
http://www.tv-osaka.co.jp/kyoto/

日本棋院 - 掲載誌・メディア情報
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/pressroom/index.htm
内 容: 本因坊算砂・秀策等についても登場予定です


教育テレビ
1月1日 午後0時00分〜午後2時00分
新春お好み将棋対局 「女流棋士指し初め・激突チーム戦」

教育テレビ
1月2日 午後0時00分〜午後2時00分
新春お好み囲碁対局 「昨日の敵は今日の友・お正月!おじさんもがんばるぞ!!」

衛星第2テレビ
1月3日 午後4時00分〜6時30分
大逆転将棋2007

将棋と囲碁の番組紹介 〜タイトル戦・特別番組〜
http://www.nhk.or.jp/goshogi/special/index.html


カレンダーに登録。
一番楽しみなのは大逆転将棋。
[TV]
posted by gona at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年12月20日

初夢座談会

月刊碁ワールド
http://www.nihonkiin.or.jp/pub/goworld.htm
新春2007 初夢座談会
依田九段&小松九段&梅沢五段のフリートーク
  大変換期! 日本碁界のゆく年くる年
この座談会に釣られて碁ワールドを初めて購入。


座談会で一番スペースが割かれていたのは段位制度についてだったけど、最初に軽く農心杯の話題があった。
梅沢「ファンのみなさんもほんとうに喜んでくれました。もっともっと伝わってほしかったし、一般紙でも扱ってほしかった」
激しくうなずいた。少なくともジャーナルではもっと大々的に扱うべきだった今年最高のニュース。

小松「高尾がちょっといかんよねェ。張さんに勝って名人本因坊になっていながらすぐ負けちゃって。」
オヤビン、ナイス!



座談会最後でちょっとびっくり。
地元で依田杯を開催しているそうだから驚くほどのことじゃないのかな。
posted by gona at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年12月15日

囲碁アンテナチェック

久しぶりに時間が出来た(・∀・)
10日分の囲碁アンテナをのんびりチェック、ぐだぐだメモ。


■正官庄杯

第5回 正官庄(チョンカンジャン)杯 世界女流囲碁最強戦
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/chonkanjan/005.htm

泉美さんや謝さんはいないんだ。
前回3人抜きした知念さんもいない、体調がまだ完全じゃないのかな。

ちょうど第1ラウンド終了。
全滅だろうと思っていたけど万波佳奈三段が勝利。お見事。

棋聖道場
http://weiqi.sports.tom.com/news/19432.html
http://weiqi.sports.tom.com/news/19423.html
http://weiqi.sports.tom.com/news/19405.html

韓国棋院(Yahoo!翻訳)
万ナミ,身も心もあけたら日本に初勝!
この勢いをソウルまで引き続こうか?
フォト/牙子!牙子!今度は必ず優勝だ!

あるBlogより
http://blog.sina.com.cn/u/494b9724010005yo


061214_01.png
白線。




関係ないけど韓国棋院の棋譜ページで「万ナミガーナ」となってて和んだ。
061214_02.png



■テレビ東京系列で算砂・秀策等

掲載誌・メディア情報
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/pressroom/index.htm
京都もうひとつの歴史

放送日: 12月30日(土)11:30〜12:55
12月31日(日)12:30〜13:55

媒 体: テレビ大阪制作テレビ東京系列6局全国ネット

内 容: 本因坊算砂・秀策等についても登場予定です
ちっちゃく「信長 秀吉 家康の野望」っていうのが見えるから、ほんとに軽く触れられる程度かな。



■大和証券杯入替え戦

こんなのがあるのか。

第2回大和証券杯に向けた入替え戦組み合せ決まる
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/news_view.asp?num=55
入替え戦結果(12/11)
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/news_view.asp?num=56
入替え戦結果(12/12)
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/001/news_view.asp?num=57
次戦は12月15日(金)
午後7時より
・羽根直樹九段 VS 松本武久六段
・M.レドモンド九段 VS 加藤充志八段
午後8時より
・三村智保 九段 VS 山田拓自 七段


■NECカップ

第26期NECカップ囲碁 - 無料動画を配信中 - BIGLOBEストリーム
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_igo.html

二回戦名古屋大会の映像が配信。
(小林覚−王銘エン、張栩−河野臨)
梅沢由香里五段「最近はですね、中国韓国の影響もありまして、定石の変化がすごく多いですよね。」
羽根直樹九段「多いですね。」
梅沢「やっと覚えたと思うとまた…」羽根「また新しい変化が出てきて、30手先とかもっと先まで定石みたいな、同じような変化で打つことが多くなってきましたよね。」


■張栩碁聖関係

山下棋聖、3連勝で王座奪取・囲碁王座戦第4局
http://hobby.nikkei.co.jp/igo/report/index.cfm?i=2006120706382h3

orz
碁聖の呪いか。



切れ長
http://sports.tom.com/2006-09-14/0400/01764475.html


ソウル経済新聞の囲碁連載で6日から張栩九段の碁が取り上げられてる。
第1譜
先に扱う人物は張栩九段。最近名人を奪われたが韓国の青少年棋士たちは日本の最強者に相変らず張栩を指目する。林海峰の弟子で小林光一の娘婿である張栩は1980年1月20日生まれだ。
第2譜
ルイ九段は日本にとどまった時代に林海峯の家で開かれる研究会によく参加したし当時に日本棋院の三段だった張栩少年とも親しみが厚かった。
第3譜
筆者は一番先に睦鎭碩九段に電話をかけた。睦鎭碩と張栩が生年月日がまったく同じだと金成龍九段がいつか言っていたからだった。

“張栩と君が生年月日が同じだということは事実なの?。”

“そのように知られているけれど事実は少し違います。私は旧暦で張栩は太陽暦だから私が少し御兄さんですね。”
第5譜
金成龍九段の張栩に関する論評だ。
"実戦派です。そして日本棋士では珍しく速棋派です。秒読みに追われる事がほとんどないです。気風は李世ドルや古力に似ている戦闘型実利派みたいです。そして人格的に成熟しています。一緒に旅行をして見たが怒るに値する状況でもうまく慎むんですよ。多分張栩はたとえ今は本因坊も名人もすべて奪われた状態だがずっと発展するつもりです。気迫が生きているから。"

筆者は金成龍の言葉を聞きながら '果して林海峯の弟子だね'という考えがしきりにした。
来年のトヨデン杯決勝に勝って流れを変えられたら凄いな。
posted by gona at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年12月05日

棋譜鑑賞で既視感2

■10月3日 韓国囲碁リーグプレーオフ
金成龍 半目 △李世ドル
http://media.cyberoro.com/gibo/200612/061203kbl-kimsr.sgf
061205_01.png


■10月4日 韓国十段戦 2回戦
△李世ドル 2目半 尹盛鉉
http://media.cyberoro.com/gibo/200612/061204wonik02-lsd.sgf
061205_02.png


ともにセドル九段が先番で、31手目に変化。
2局目で手順を変えた31手目は、1局目で白が32手目に打った位置。

定石化している布石なのかな。
posted by gona at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年12月04日

棋譜鑑賞で既視感

牛雨田 中押し △周睿羊
061204_01.png


△李映九 1目半 安達勲(※右に90度回転)
061204_02.png


○印の石が一路違いだった、惜しい。
2局とも打たれた日が同じ(昨日)というのが面白かった。
posted by gona at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2006年12月01日

対局:自動対局で一局

KGSに自動対局が追加されたそうなので試しにログイン。
メニューに「自動対局」っていうのがあった。


061130_01.png

設定があったのでこんな感じに。一度設定すればサーバに記憶されるみたい。(対局スピードの「普通」は25分と30秒5回だった)


さっそく自動対局申し込み。15秒くらいしていきなり碁盤が現れた。
「この相手でいいですか」みたいな確認画面は出ないんだ。 あ、相手をしっかり確認したい人は今までどおりの方法を使うか。


部屋はどうなっているんだろうと思ったら、「自動対局申し込み」となってる。

061130_02.png

ということは自動対局を申し込んでる人同士だけで組み合わさるのかな。


自動対局、自分的には凄く助かる。ハテナ付きで卓を立ててもなかなか申し込まれないから、しばらくはお世話になろう。


続きを読む
[対局] [KGS]
posted by gona at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 対局 | 編集