2007年03月31日

今週の結果と来週の予定

第33期 天元戦 本戦(日本棋院)

第33期 天元戦 2回戦
井山裕太 2目半 △王 立誠

井山七段が準々決勝に進出。
次の相手は小林光一九段と注目の李沂修二段の勝者。こちらの結果も楽しみ。


そして、来週4月5日は井山七段の棋聖リーグ入りをかけた一戦。

第32期 棋聖戦 最終予選(日本棋院)

第32期 棋聖戦 最終予選決勝
仲邑信也八段−井山裕太七段

関西総本部対決。

仲邑信也八段は去年の勝率第1位賞を受賞、今年に入っても富士通杯代表入りを決めるなど各棋戦で活躍中。
明日から始まる第55回NHK杯にも出場されます。

井山七段は現在17歳10ヶ月(と数日)、勝てばもちろん最年少リーグ入り。(現在の記録は黄翊祖七段の18歳6ヶ月)
平成生まれの棋聖リーガー誕生なるか。

囲碁ステーション 棋聖リーガー
決勝の相手はなんと同じ関西総本部の井山裕太七段です。
どちらが勝っても関西総本部から棋聖リーガーが出てくるので嬉しいことですね。




第2回大和証券杯
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/002/index.asp
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/002/news_view.asp?num=99
この結果、王銘エン九段が2連勝で優勝を決めました。

おめでとうございます。

大盤解説会観にいくつもりが寝坊。寝すぎて頭イタイ('A`)
posted by gona at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年03月30日

第45期十段戦第2局

産経囲碁Web
http://www.sankei.co.jp/igo/igo.html

棋聖道場
山下敬吾錯失多次良机−王磊八段解説十段戦第二局
白234昏着
韓国棋院(Yahoo!翻訳)
趙治勲、十段防衛まであと1勝!
立ち会いの山城宏九段を含めた日本検討陣たちは“趙治勲先生の念力が通じたようです”と言う表現をしながら山下九段の錯覚を惜しんだ。

(追記)
名古屋棋士会 趙十段逆転で連勝
http://blog.goo.ne.jp/nagoyakishikai/e/a74c4712f1d925df6d1eb5ee842fe02c
posted by gona at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年03月27日

メイエン事件簿更新

メイエン事件簿
第19話 周俊勲祭り

LG杯優勝ネタが間に合った。ヽ(・∀・)ノ



本題とは関係ないけど新棋紀樂園の下巻が発売されたとのこと。
早速出版社のページを見てみた。

歡迎來到大塊文化
http://www.locuspublishing.com/product.asp?book=1111SM074#

おお、上巻の表紙とは違って、下巻の表紙は(多分)若い頃のメイエンさんだ。
かっこいい!(いや現在も素敵ですが)


■関連
gonaの囲碁日記: メイエン夫妻の著書発表会映像
上巻の時の記事。
posted by gona at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年03月25日

チャット

大和証券杯ネット将棋棋戦・エキシビション対局
http://www.shogi.or.jp/kisenhyo/daiwa/daiwa_s_1_ex.html
エキシビション対局として、3月25日(日)に米長邦雄永世棋聖vs中原 誠永世十段の対局を以下の要綱で開催することになりました。

対局途中から突然チャット開始。

米長コメント > test
米長コメント > 私は将棋会館で和服です
米長コメント > 中原永世十段もそうですか
米長コメント > ここで牛乳をどうぞ
米長コメント > 詰めろだから
米長コメント > 気をつけてね
米長コメント > 相変わらす手堅いですね。
米長コメント > 私相手に通用しないけど。
米長コメント > うまくいった。
米長コメント > こんなにうまくいくとは思わなかった
米長コメント > 引退するんじゃなかった
米長コメント > 桂つかいは俺の方が上だろ
田中寅彦 > 都知事選も理事選も近いですから
米長コメント > 変なコメントしないでね

意味不明なコメントも含めて最後まで大笑い。
「詰めろだから気をつけてね」が個人的に大ヒット。(・∀・;)
posted by gona at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2007年03月23日

周俊勲九段、世界戦初優勝

第11回 LG杯 世界棋王戦(日本棋院)
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/lg/011.htm

【第1局】△周俊勲 中押し 胡耀宇
【第2局】△胡耀宇 半目 周俊勲
【第3局】△周俊勲 半目 胡耀宇

台湾棋院所属棋士としても初めての優勝。おめでとうございます。
お祭りでしょうね、うらやましい限りです。


朝鮮日報(Yahoo!翻訳)
韓・中・日 威勢折った台湾の自尊心
6歳の時囲碁を始め、9歳の時からは正規教育をあきらめて専門棋士授業に出て、2年後には推薦で中国本土に留学、宋雪林門下で技倆を押し堅めた。台湾内にはもう敵手が消えたからだった。
1993年13歳のときに中国でプロ三段を認められた後、翌年台湾でまた入段過程を経た。1998年九段(一品)に上がって現在台湾唯一の「入神」として君臨中だ。
経歴はWikipediaの方が詳しい。「入神」は九段の別名らしい。

周俊勲は顔右側半分が火のように赤い色だ。やけどのせいだと間違って思っている人々も多いが、先天的な紅斑だ。
幼い時代友達から多くの冷やかしを受け、「魔鬼」「悪魔」というあだなまでつけられた。顔コンプレックスによって彼は登校を欠かす事が多くなったが、これがむしろ囲碁実力向上のきっかけになった。結局中学を卒業することができなかったが、後日名人タイトル獲得後に名誉卒業状を受けた。
周俊勲はいつからか台湾囲碁柱石の偶像になった。台湾小学校国語教科書には 「紅面棋王」と言う題目の周俊勲ストーリーが載せられている。
映画と音楽鑑賞、ゲームなど多様な趣味を楽しむ。女友達がいるかという質問にすぐ 「いる」という返事が帰ってきたのを見れば確かな新世代青年だ。


韓国棋院(Yahoo!翻訳)
インタビュー/ 台湾にもシードちょっとふやしてください!
フォト/ ママ,私優勝食べたの!
(変な翻訳(^^;「母さん優勝したよ!」みたいな感じでしょうか)


■関連
メイエン事件簿
第18話 台湾囲碁事情
韓国主催の世界棋戦「 LG 世界囲碁棋王戦」、通称「LG 杯」で、台湾選手の周俊勲さんが決勝まで進出しました。台湾代表の選手が世界戦の決勝まで行くのは初めてでして、これは事件です。
今月の更新で触れられるかな。間に合わないかな。
posted by gona at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年03月22日

asahi.com :第32期名人戦挑戦者決定リーグ第10局 - 囲碁
遅い夕食に出かけた依田。そこで最近凝っているという広沢虎造の浪曲を20分以上にわたって披露。「虎造を聞くようになってから調子がいいんだ」とニコニコ顔。
隣のお兄さん「ヒカルの碁」熟読中 梅沢由香里のつれづれ日記/ウェブリブログ
「浪曲師になろうかな」と、まんざらでもない様子の依田先生。大きな体を和服で身を包んだ姿は浪曲師がピッタリかも!?と思わせるものもありました。

あの着物姿で浪曲って…ハマリすぎ。(・∀・;)
中野九段の三味線とのコラボを見てみたいなぁ。


そういえば、広沢虎造と依田九段といえば「虎」が共通しますね。(依田九段が中国で「老虎」と呼ばれているのは有名。新浪のイラスト(注:重い)でも虎にされてます。)

「虎」といえばすぐに思いつくのが秀策の幼名「虎次郎」。(ヒカ碁でたびたび目にしました)
他に囲碁関係では中国の「十小虎(小虎世代)」が有名でしょうか。

虎絡みでこんな見出しも。

中国各紙の日本関連記事ヘッドライン(在中国日本国大使館)
中日主将の対局、小虎は老虎に敵わない

依田九段が中国主将の孔傑プロ(十小虎のひとり)を破ったときの見出し。
上手いけど自国の棋士に厳しいなぁ。
posted by gona at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年03月17日

NHKテキスト

久しぶりに囲碁講座テキストを購入。
依田−張戦の観戦記が目当てだったけど、特に驚くようなことはなし。208手目のブツカリは勝敗に関係なかったとのこと。


4月号ということで新連載がいくつか。
個人的に興味がわくのは巻幡さんの連載。

巻幡多栄子のNHK杯アラカルト
このコーナーでは、NHK杯で打たれた内容から、放送や観戦記では扱わない、初心者の皆様でもすぐに役立つ基本的なポイントをわかりやすくお伝えしていく予定です。


あと新連載なのか判別できなかったけど、将棋の先崎プロのエッセイがあった。文章に定評がある方らしいのでこれから楽しみ。
posted by gona at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年03月16日

第62期本因坊リーグ

第62期 本因坊戦 挑戦者決定リーグ戦(日本棋院)
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/honinbo/062.htm

囲碁:本因坊戦挑戦リーグ 依田九段ら3人、4勝2敗で並ぶ−碁:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/igo/news/20070316ddm041040170000c.html
4月5日、最終局4局が一斉に行われる。

本因坊リーグも残るは最終局一斉対局のみ。
唯一1敗だった張碁聖が昨日破れたことで、8人中4人に挑戦の可能性あり。


以下長々と条件メモ。


1 山田規三生(VS 張栩)
プレーオフから陥落まで

○勝ち(4-3)
残留決定。
依田×、蘇×で依田とのプレーオフ。

×負け(3-4)
羽根×、趙×なら残留。それ以外は陥落。


2 依田紀基(VS 小林覚)
残留決定済み。勝てばプレーオフは確実。

○勝ち(5-2)
張×、蘇×ならリーグ優勝、挑戦者に決定。
張○だと張とプレーオフ。
張×、蘇○で蘇とプレーオフ。

×負け(4-3)
張×、蘇×なら山田とプレーオフ。これ以外は残留のみ。


3 羽根直樹(VS 蘇耀国)
シンプル。勝てば残留、負ければ陥落。


4 張栩(VS 山田規三生)
残留決定済み。勝てばプレーオフは確実。

○勝ち(5-2)
依田×、蘇×ならリーグ優勝、挑戦者に決定。
依田○だと依田とプレーオフ。
依田×、蘇○で蘇とプレーオフ。

×負け(4-3)
残留のみ。


5 小林覚(VS 依田紀基)
陥落決定済み。


5 王銘エン(VS 趙善津)
陥落決定済み。


5 趙善津(VS 王銘エン)
残留にわずかな可能性。

○勝ち(4-3)
山田×、羽根×なら残留。
山田×、羽根○(=蘇×)だと、蘇との残留決定戦。
この2パターン以外は陥落決定。

×負け(3-4)
陥落。


5 蘇耀国(VS 羽根直樹)
依田・張と並んでトップなのに負けると陥落の可能性あり。
(過去2期連続で勝ち越し陥落)

○勝ち(5-2)
張×、依田×ならリーグ優勝、挑戦者に決定。
張と依田の一方だけが勝ったら、勝った方とプレーオフ。
張と依田がともに勝てば残留のみ。

×負け(4-3)
山田○で陥落決定。
山田×、趙×だと残留。
山田×、趙○なら趙と残留決定戦。



依田九段の条件だけ考えるつもりが、楽しくて全員分考えてしまった。
こういう無駄なこと大好き。
posted by gona at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年03月12日

サイン

韓国棋院(Yahoo!翻訳)
フォト@/ '国手 李昌鎬'が来た!

http://media.cyberoro.com/photo/200703/070311-guksu-07.jpg
  _, ._
( ゚ Д゚)
posted by gona at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 対局 | 編集

1966年生

1966年 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/1966%E5%B9%B4#.E8.AA.95.E7.94.9F

誕生
1月31日 - 石黒賢
2月4日 - 小泉今日子
3月13日 - 今田耕司
4月2日 - 坂本ちゃん
5月5日 - ジョン・健・ヌッツォ
6月29日 - パパイヤ鈴木
7月15日 - 永瀬正敏
8月13日 - 春一番
9月30日 - 東山紀之
10月27日 - 高嶋政伸
11月13日 - 見栄晴
12月27日 - 福田正博

2月11日 - 依田紀基


あの貫禄はありえない。
posted by gona at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年03月11日

第54回NHK杯 準決勝終了

趙治勲 中押し △依田紀基
http://gona.up.seesaa.net/sgf/05-02.sgf

こんなに騒がしいNHK杯も珍しい(´Д`;)
時間が少し残っちゃってどうなるんだろうとハラハラしていたけど普通に終わってよかった。(イソたんの時が一番怖かった)

決勝は趙治勲VS結城聡。
初優勝して欲しいなぁ。
posted by gona at 14:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | NHK | 編集

Dragon Go Server

DGS - Home
http://www.dragongoserver.net/index.php

dgs01.png


DGS(Dragon Go Server)は、無料で対局できるボード碁会所。

操作はすべてブラウザ上。
フルブラウザ搭載の携帯電話からも着手可能。(パケット定額サービスに入っていないと怖いですが。)

DGSオリジナルのランクシステムがあり、公式対局の勝敗でランクが変動。

基本英語だけれど、言語を「Japanese」に設定すれば主要な部分は日本語で表示される。



対局するにはユーザー登録が必要。

DGS - Register
http://www.dragongoserver.net/register.php

入力するのは名前、ユーザーID、パスワードの3種類。(名前とユーザーIDは同じハンドルでも可。)
トップページから、Userid:guest、Password:guestpassで試しにログインすることもできます。



実際に対局するには対局待ち一覧表を利用。一覧表から申し込むか、新規に卓を立てるか。

dgs02.png

時間設定あり。持ち時間が90日で使い切ったら1日×10回とか自由に設定。
睡眠時間に設定した時間は毎日時計が止まる。(9時間固定)
旅行や出張などで時計を数日止めたいときに使える「休暇日」がある。(最初に14日が支給され、1ヶ月ごとに2.5日追加。なんか有休みたい。)
対局ごとに、週末に時計を進めるか止めるかの設定もあり。



碁は打ちたいのにリアルタイム碁を打つ気力がないのでボード碁を始めました。
現在2局進行中。(数十局進めている方もいますが、わたしには無理(・ω・;)
電車の中で携帯の画面を見ながらあれこれ考えるのが楽しい。


碁盤はこんな感じ。
dgs03.png



■関連
DGS - FAQ
http://www.dragongoserver.net/faq.php

Sensei's Library: Dragon Go Server
http://senseis.xmp.net/?DGS
DGSのbots情報や更新チェッカーへのリンクなど
[DGS]
posted by gona at 10:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年03月09日

NECカップ大阪大会の動画配信スタート

第26期NECカップ囲碁 - 無料動画を配信中 - BIGLOBEストリーム
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_igo.html

解説:ヨーダ
posted by gona at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 対局 | 編集

2007年03月08日

DS「ぬりかべ」

パズルシリーズ Vol.11 ぬりかべ | Puzzle Seriese Vol.11 NURIKABE
http://www.hudson.co.jp/puzzle/nurikabe/

入門:20問
   6×6:20問
やさしい:100問
   10×10:80問
   18×10:20問
ふつう:100問
   18×10:70問
   24×14:30問
むずかしい:80問
   24×14:40問
   36×20:40問



起動してしばらく不満ばかり目に付いた。

まずメニューの選択画面などで、どこにフォーカスがあるのかわかりずらい。
フチの色を変えるだけではなく、選択しているボタン自体の色を変えるなどするべき。(カックロはフチが大きくなったり小さくなったりする)

自分だけかもしれないけど、マスを塗りつぶすときの効果音がなんとなく気になる。

「ふつう」を10問目まで解き終わった後、いったんメニューを抜け出し再び「ふつう」を選択したときのフォーカスが1問目。(カックロはちゃんと11問目)

一番残念なのはボタンで連続塗りが出来ないこと。(Aボタンを押しながら十字キーを押してもカーソルが動くだけで塗りつぶされない)
ひとマスごとにボタンを押すのは面倒だし、第一ぬりかべはぐるっと一気に塗りつぶすのが面白いんじゃないの?(これもわたしだけかな)
タッチペンでドラッグ?すれば連続塗りできるけど、それも少し素早くドラッグすると反応しないお粗末さ。(始点と終点近くしか塗られない)

ハドソンのパズルシリーズはカックロしか持っていないけど、それと比べても粗が目立ちすぎ。
やっぱり数独やカックロのような比較的有名なパズル以外は手をかけても採算取れないのかな。



…それでもしばらく解いてると熱中していることに気付いて驚く。ぬりかべ恐ろしい。




パズルシリーズ Vol.11 NURIKABE ぬりかべ
ハドソン (2007/03/08)
売り上げランキング: 425
posted by gona at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2007年03月06日

「伝説の碁打ち 本因坊秀策」が地上波で再放送

将棋と囲碁の番組紹介 〜タイトル戦・特別番組〜
http://www.nhk.or.jp/goshogi/special/index.html
<再放送>
伝説の碁打ち 本因坊秀策 
〜初心者にも分かる名勝負〜
教育テレビ
<再放送>
3月25日 午後1時05分〜2時55分

以前にこの番組を再編集したものが「その時歴史が動いた」で放送されましたが、元の番組が地上波で放送されるのは始めてでしょうか。

放送時間が倍以上違うので当然ですが、「その時〜」はテンポ良く一直線、「伝説の〜」はゆったり寄り道しながらという感じです。
今でもHDDレコーダーに残してあり、忘れた頃に見直しています。


■関連
gonaの囲碁日記: 伝説の碁打ち 本因坊秀策
http://gona.seesaa.net/article/17456694.html
[TV] [秀策]
posted by gona at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | 編集

2007年03月05日

スッキリ

掲載誌・メディア情報(日本棋院)
http://www.nihonkiin.or.jp/joho/pressroom/index.htm
日本テレビ「スッキリ!!」で女流棋士に注目した特集コーナーが放送されます!

民放風味もたまには面白いですね。とても囲碁を扱っているとは思えないような華やかさでした。(お堅いNHKも好きだけど)

個人的には、万波姉妹による「うちこみ、あらし、だいさくせんるんるん」のタイトルコールが見れて満足。



070305_01.png 070305_02.png
[TV]
posted by gona at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年03月04日

大和証券杯 準決勝終了

決勝トーナメント
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/002/sub06_01.asp

△依田紀基 中押し 高尾紳路
△王銘エン 3目半 張栩


1回戦終わった段階では「また張VS高尾?」と思っていましたが、2人とも消えてしまいました。

決勝三番勝負は3/24(土)から。
依田VSメイエン。楽しそう、どちらも応援したい。


(追記)
[緊急]大盤解説会場変更のお知らせ
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/002/notice_view.asp?num=61
第2回大和証券杯決勝三番勝負第2・3局の解説会場が
先にご案内しておりました八重洲囲碁センターから
大和証券本店ビル9階に変更になりました。
(追記終わり)

3/31(土)の第2・3局は八重洲で大盤解説会。

大盤解説会のお知らせ&抽選会参加券応募のご案内
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/daiwa/002/notice_view.asp?num=60
posted by gona at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

機種変

4〜5年ぶりくらいに携帯電話を機種変更。

液晶の質が全然違う。
別に買ったmicroSDカードの小ささに驚愕。
ワンセグが家の中でも無事に受信できてホッ。

ワンセグはお風呂で活躍。(百均のジップロックもどきに入れて鑑賞)
これで見逃せないスポーツ中継中でも安心してテレビの前を離れられる。


携帯電話機のサイトに囲碁画像があった。
配置はともかくとして、白石が多い気がする。
070304.png
posted by gona at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2007年03月02日

読売コラム更新

「上達への指南」「岡目八目」
http://kisei.yomiuri.co.jp/column.htm

アマ碁界の事は全く知らないけど菊池さんのエッセイが面白かった。偉大だ。

● 菊池康郎さん
(1)プロ棋士も輩出「緑星学園」(寄稿連載)
(2)碁歴74年「生涯アマチュア」(寄稿連載)
(3)ライバル「ポカの文祥さん」(寄稿連載)
(4)「1週間」で消えたプロ入り話(寄稿連載)
(5)碁以前に「しつけ」が大切(寄稿連載)
(6)三大棋戦に半世紀連続出場(寄稿連載)
(7)若手に意義深い国際交流(寄稿連載)
(8)子供たちに「夢と希望」を(寄稿連載)


■関連
菊池康郎 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E6%B1%A0%E5%BA%B7%E9%83%8E
社交ダンスで全国大会十傑に入った経歴も持つ。
緑星囲碁学園
http://www.ryokuseigakuen.jp/
posted by gona at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集