2007年07月27日

第12回三星火災杯 予選

2008年第12期三星保険杯/世界囲棋公開戦(奕棋)
第12届三星火災杯世界囲棋公開戦予選対陣表(棋聖道場)
12th Samsung Cup(KIN's Homepage)


明日28日から始まるらしいので、当たらない枠抜け予想。

(2007-08-03 追記)

的中は16組中6組。
めずらしく当たったほうだ。

(追記終わり)

■男性グループ(A-N)

A:陳耀Y

B:古霊益

C:元晟湊
仲邑八段に少し期待。

D:許暎皓
半分近くが日本勢、誰か抜けてけれ。

E:李映九

F:黄翊祖
もし黄七段が勝ち上がることができれば、日本勢同士の決勝もあるかも。

G:李康
強いところが固まっちゃった。枠抜け予想は直感。

H:高根台
初戦で日中の枠抜け候補同士が激突。

I:周鶴洋

J:安祚永

K:洪性志

L:兪斌
韓尚勲・尹燦熙の初段コンビがまた同じ組。

M:孔傑
裴俊熙初段って強かった気がする。

N:尹o相
安斎四段がんがれ。


■女性グループ(O-P)

O:金惠敏

P:内廼偉




■日本勢全体予想

0人:37%
1人:45%
2人:15%
3人以上:3%

楽観的。
posted by gona at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年07月26日

中国の集団研究

(2007-06-27)
中国囲碁 '集団研究' 再稼動
成績振るわないとまた人海戦術で
Yahoo!翻訳 OCN翻訳
中国囲碁の秘密兵器‘集団研究’が最近また稼動し始めた。
中国棋院は去る2005年7月馬暁春が国家代表チーム長で赴任しながら、プロ棋士集団研究集いを定例的に開催してきた。

そうするうちに中国棋士らがLG杯・三星火災杯・春蘭杯など多くの世界大会で相次いで勝戦ニュースを伝えてくると、ちょっとのびやかになったのか集団研究をしばらく中断したが、最近成績が思わしくないとこれをまた再開するように決めたのだ。
最近中国囲碁サイトが伝えるところによれば今年に入って去る13日初めて開かれた研究会ではこの前のLG杯で胡耀宇が李昌鎬に半目勝ちを勝ち取った囲碁が集中研究された。馬暁春をはじめ、兪斌・常昊・古力・孔傑・謝赫など上手らが大挙参加して、各種変化らを徹底的に解剖した。

このために陳耀Yとの約束も失敗に終わった。この日李昌鎬の囲碁検討が終われば李世ドルの囲碁も研究した後、翌日東京で李世ドルとTV囲碁アジア選手権大会決勝戦を控えている陳耀Yに電話してあげるということになっていた。
しかし囲碁検討がとても長くなったせいで成し遂げられなかったという伝言だ。(そのおかげというか、李世ドルが陳耀Yを破り優勝した。)
国家代表チーム主将の華学明(7段)はこれから集団研究を制度化、少なくとも月に一度ずつは開催すると話した。研究会に参加しない棋士らには訓練費削減など罰則まで賦課されるという便りだ。ひいては中国棋院は翌月開催予定の三星火災杯予選に対応、研究会を再開して、棋士らのコンディションを向上させて精神状態を高く維持する計画だ。

果たしてこれらの集団研究がどれくらい成果を上げるのか疑わしいという観測もなくはない。しかし中国囲碁界が国家代表チームを組織的に管理しているという点は恐ろしい。


■中国関連
(2006-01-17)
中国“韓国囲碁,祭りは終わった”-朝鮮ドットコム
中国囲碁の躍進はいくつかのスター棋士に依存してきた韓国と別に‘システム’の産物だ。現体制のままならば,両国間優勝占有率はますます広がる公算が大きい。底辺を拡大して英才を発掘して,彼らを集中育成する中国式プログラムがついに光を見始めた。

中国囲碁界はまずプロに対する門戸を大幅開放しておいた。一年プロに進入する数字は20人. 女流を含んで,年間6〜7人に制限された韓国の3倍水準だ。‘狭い門’により志望者が減って使うほどの有望株らが淘汰されている韓国の悩みとは距離が遠い。

中国プロになった有望株らに対する中国の教育方式も格別だ。中国は1980年代後半結成した国家少年隊(16才以下),国家青年隊という組織で彼らを訓練する。最高講師と最高カリキュラム,そして厳格な規律を通したエリート集団教育だ。
posted by gona at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年07月20日

視点・論点「世間から空気へ」

通勤中にNHK教育の「視点・論点」を音声だけ聞いているんですが、昨日の放送は少し面白かった。

解説委員室ブログ:NHKブログ | 視点・論点 | 視点・論点 「世間から空気へ
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/4030.html
どこに行っても空気、空気と言われて、空気一辺倒の社会。
それが、まあ、今まさに社会の空気になっているわけですね。
で、これが果たして良いのかどうかということを
ちょっと考えて見たいと思います。

ネットでは時々見かける話題だけれど、テレビ放送で聞くとまた違う。
ダメもとでYouTubeを探してみたけど上がってなかった。残念。
[TV]
posted by gona at 21:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | 編集

囲連星の新AIが強い

囲連星 ★囲碁でも五目並べでもない無料ゲーム★
http://irensei.com/
追加AI(テスト版) 07/07/16 更新
(2007-08-08 追記)
AI単体での公開は終了し、本体に組み込まれました。
(追記終わり)


今までのAIとは段違い。

1局目負け:打ち方が違うなー
2局目負け:あれ、強い?
3局目負け:まずい、気合入れよう
4局目負け:え?なんで?
5局目負け:うがー!

いきなり5連敗。
さすがに相手のパターンが分かってくると初心者でも勝負になるけれど、集中しないと簡単に負ける。
複数の狙いを持った手を打ってくるような印象。


途中でシチョウを盤の端まで追いかけていたら、長連禁止に引っかかり石を取れなかったのは悲しかった。
このルールを身をもって理解した。
1・2線の石は七連にカウントしない。ただし黒の長連反則(後述)の対象になる。
長連禁止の無い白番の方が打ちやすいのかな。
[game]
posted by gona at 11:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2007年07月18日

1年前は五冠王

李昌鎬九段、最後の一冠を守れるか。

(追記2)
李昌鎬九段が防衛。
王位12連覇を達成し、無冠の危機から脱出。

李昌鎬 中押し △尹o相

韓国棋院(Excite翻訳)
李昌鎬, 王位 12連覇大偉業!

東亜日報
久しぶりに笑ってした李昌鎬 9段(Excite翻訳)
久しぶりに堪えていた笑いのイ・チャンホ9段(OCN翻訳)
李昌鎬九段は対局が終わった後,記者らのインタビュー要請に応じた。 所感を聞く質問に"重要な時に勝ってうれしくて,運が良かったようだ。"と話したし,健康悪化説に対して現在熱心に治療中で最近大いに良くなったと話した。
゙薫鉉九段がたてた連覇最高記録16連覇を更新する自信があるのかには"16連覇が何が重要なのか。 無冠脱出したことだけでも大変有難がる。"と話して,インタビュー場を笑い海で作ったり。
また最近振るわない理由に対して"棋士らの水準が高まったのと調子が良くないのが原因だ。 だが勝負に対して論じるのは私のスタイルでない。 勝つ時もあって負ける時もあるのだ。"と話した。
一方,農心杯ワイルドカードに対しては李世ドル九段が受けることが現在状況では当然であるようだとし謙虚な姿を見せることもした。
韓国棋院(OCN翻訳)
イ・セドル9段です? 後ほど正しくつかなければならないですね!
インタビュアー
国内最大棋戦の韓国囲碁リーグなど最近国内棋戦大部分が早碁戦で行っている。 ある者らは早碁戦へ行く傾向のために棋士らの実力が低くなって世界大会で以前ぐらいできない成績を出す主原因だと目星をつけたりもするのに,李昌鎬九段は早碁戦が増える傾向にどう思うのか? 早碁戦が今のように活性化するべきだと見るのか,でなければ調整する必要があると見るのか?
李昌鎬九段
早碁戦は長短所がある。 長所に選ぶならばひとまず体力消耗が減るということだ。 短所はどうしても短い制限時間中に打ってみると囲碁内容が質的に落ちるということだがこういうものは早碁戦固有の特性であるから仕方なくて見る。 ただし国内棋戦が早碁戦中心に行くというのはある程度調整が必要で見る。
(追記2終わり)

(追記)
韓国棋院(Excite翻訳)
速報/ 12連覇遂成か, 二回目クーデターか!
勝利するようになったら王位 12連覇の大偉業を成すがもし敗れるようになったら 1989年 KBS杯棋王戦タイトルを取った以後 18年ぶりに無冠で転落してしまう.
(追記終わり)


王位戦(挑戦手合制)
1995-07-12〜?
尹o相六段と挑戦手合5番勝負中。本日第5局

国手戦(挑戦手合制)
2006-03-02〜2007-03-16
挑戦手合5番勝負で尹o相四段(当時)に1−3で敗れる。

王中王戦(トーナメント制)
2005-07-11〜2007-07-16
決勝3番勝負で姜東潤五段(当時)に1−2で敗れる。

十段戦(トーナメント制)
2006-01-22〜2006-12-20
初戦(準々決勝)で安祚永九段に敗れる。安祚永九段がそのまま優勝。

KBS杯(トーナメント制)
2005-10-13〜2006-11-20
勝者組決勝で崔哲瀚九段、敗者組決勝で李世ドル九段に敗れる。優勝は李世ドル九段。
posted by gona at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年07月14日

骨齢証メモ

関于2007年骨齢測試的通知(中国棋院)

写真
http://bbs.weiqi.tom.com/item_111_773282_2_1.html
http://bbs.weiqi.tom.com/item_111_773282_0_1.html
http://bbs.weiqi.tom.com/item_111_773282_1_1.html

棋聖道場
http://weiqi.sports.tom.com/news/21904.html
440名の参加者の中から入段できるのは20人。
骨年齢の超過者は参加資格を失う。

http://bbs.weiqi.tom.com/item_111_773437_0_1.html
http://bbs.weiqi.tom.com/item_111_773437_1_1.html
posted by gona at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

ワイルドカード

韓国棋院
農心盃衝撃! 李昌鎬さえ…(Excite翻訳)
農心杯衝撃! イ・チャンホまで…(OCN翻訳)

次回の農心杯韓国代表5名の内、4名を決める予選が進行中。
残る1名は主催者推薦枠。(予選終了後に決まる)

予選でまた李世ドル九段が敗退。さらに今回は李昌鎬九段まで脱落。

主催者推薦枠(ワイルドカード)には誰が選ばれるんだろう?
冷静に成績を見るならば李世ドル九段がワイルドカードを受けなければならないという主張がさらに説得力がある。2007年だけで二つの世界大会優勝カップを占め、国内棋戦でも最も多いタイトルを持っている李世ドル九段に成績で対抗する棋士はいない。
だが主催側のワイルドカード選抜基準は成績だけでない。成績を排除することにはならないが棋士の知名度、商品性等多様な部分を考慮するということが主催側の立場だ。李昌鎬九段が過去に農心杯で成し遂げた業績を現在の成績だけで無視することはできないのだ。
予選が終わってこそ本格的な議論を経て決めるだろうが主催側はすでに鉢巻きをしなければならない状況だ。弱り目にたたり目で崔哲瀚九段も金主鎬七段に脱落して、韓国はランキング1,2,3位が皆予選で苦杯をなめた状態だ。ランキング4位の朴永訓九段も白洪淅,李映九,金承俊を順に勝ってこそ代表で選抜される。

成績から見れば当然李世ドル九段ですが、李昌鎬九段の農心杯での実績が飛び抜けているのが悩みどころですね。どういう決断になるのか非常に楽しみ。

前回は李世ドル九段が予選で脱落しながら、ワイルドカードでば薫鉉九段が選ばれているので、今回も意外な方が選ばれる可能性があるのかな。(有り得ないけれどコメント欄の「紛糾するなら趙治勲九段」になったら仰天する)
posted by gona at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

朴正祥九段が軍事訓練から帰還

6月の記事
gonaの囲碁日記: 韓国棋士の兵役特例
去年の富士通杯優勝で兵役特例を受けた朴正祥九段が、7日から4週間の基礎訓練に入ったそうです。

6月7日から4週間ということは、7月4日あたりで終わったのかな。


韓国棋院(Excite翻訳)
朴正祥, 夜間行軍が一番大変だったです~
- 勝負を原点で回しておいた主人公を会ってみます. 4週間訓練を受けて帰って来たんです. 勝利をおめでとうございます. 軍事訓練は大変ではなかったんですか?

幼い時から囲碁だけ打ってからそんな訓練を受けるからどうしても適応しにくかったです. 軍事訓練が囲碁と連関されたことだからそれなりに助けも大きかったようです.
- 訓練の中で一番大変だった点は何でしょうか?

夜間行軍でした. 軍装がちょっと重かったからです.
- 碁を打ちたくはなかったんですか?

打ちたかったがそんなに出来なかったんです. 仲間棋士たちが棋譜を送ってくれたおかげさまで目でも接することができました.
- 囲碁と訓練の中でどんな方が易しいと思うんですか?

どうしても碁を打つ方が易しいですね. ハハハ.
posted by gona at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

扇子3

070714.png



関連
gonaの囲碁日記: 扇子2
gonaの囲碁日記: 扇子
posted by gona at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年07月11日

はてなスターのテスト

(追記)

削除した。

(追記終わり)

はてなスター

はてなスターはじめてガイド - Hatena Star

はてなスター日記 - ブログをいっそう楽しくする「はてなスター」をリリースしました
posted by gona at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集

2007年07月09日

第20回富士通杯 終了

第20回世界囲碁選手権・富士通杯 - 広告宣伝 : 富士通

朴永訓 1目半 △李昌鎬
依田紀基 3目半 △張栩


朴永訓九段が3年ぶり2回目の優勝。

3位決定戦は依田九段が制し、次回のシード出場が確定。
(張九段がベスト8以上で獲得したシード枠は、国内序列1位の山下九段に使われるのかな)

お二人ともお疲れ様でした。


李昌鎬vs朴永訓【第20回世界選手権富士通杯・決勝】(日本棋院)
色鮮やか。

韓国棋院(Excite翻訳)
速報/李昌鎬師範様, 申し訳ありません!
パク・ヨンフン, 富士通盃 V2!!
posted by gona at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年07月07日

第20回富士通杯 準決勝

第20回世界囲碁選手権・富士通杯 - 広告宣伝 : 富士通
張栩、依田ともに敗れる【第20回世界選手権富士通杯・準決勝】(日本棋院)

△李昌鎬 中押し 張栩
朴永訓 半目 △依田紀基


久しぶりに棋院で応援していたんですが残念でした。

右下2目はなんだったのか…来週のジャーナルを待ちます。



韓国棋院(Excite翻訳)
速報/李昌鎬-パク・ヨンフン, 7番目兄弟対決封切り泊も!
posted by gona at 19:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集

2007年07月06日

auオープンアプリ「詰め碁Viewer」

auオープンアプリ対応端末向け 詰碁アプリ:囲碁たまご

オープンアプリ/詰め碁Viewer - mo.ro.雑記
詰め碁が遊べるオープンアプリです。
囲碁きっずさまの詰め碁問題を読み込みます。

「W51CA」で動作確認…とか書こうとしたら、既に「動作確認済端末」の欄にありました。

昨日の帰宅途中に色々試させていただきましたが、楽しいですねこれは。
一括取得や第2ソフトキーでの問題選択が優れもの。盤石も見やすいです。

開発のT.Moroさんと、日々詰碁を出題されている囲碁きっずさんに感謝。



今回初めてオープンアプリを起動しましたが、通信仕様が結構厳しいんですね。

KDDI au: 技術情報 > オープンアプリ (Java™)
また、必ずユーザーに対し接続前確認を行います。
詰碁を1問ダウンロードしようとするごとに「通信確認」が表示されてしまうのが地味に痛い。
posted by gona at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁雑記 | 編集

2007年07月05日

韓国語ウェブページ翻訳

主な韓国語ウェブページ翻訳サイト
AmikaiExcite
livedoor
@nifty
CrossLanguageYahoo!
Infoseek
KODENSHAOCN
CSLIenjoy Korea

それぞれ長短あるけれど、翻訳結果に関してはKODENSHA系のOCN翻訳が総合的に優秀な気がしてきた。
(算用数字の前後に余計な空白が入らない、「盃」が「杯」と表示されることなども好み)
ただし、ヘッダ部分がやけに場所を取ることや、翻訳結果が訳文だけで原文と並べて表示することができないなどが不満なので、普段使いはExcite翻訳やYahoo!翻訳になりそう。


◆翻訳結果比較

続きを読む
posted by gona at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 編集