2006年02月02日

江戸時代の手合割

江戸時代の碁界についての文章を読んでいると、手合割の表現で時々引っかかります。
スッキリしたいので少し調べました。


[せとうちタイムズ]
幕末本因坊伝【17】秀策に纏わる短編集「囲碁中興の祖碁聖道策」
http://0845.boo.jp/times/archives/000943.shtml
 [註] 手合い割りについて― コミ碁(ハンディ)が導入されていなかった昔は、手合い割りが棋士の番付ともいうべき命であった。一段差違うごとに手合いが属なり、まず同じ実力の対戦を《互先》といい、黒白交互に打つ。実力差が一段違うと《先相先》先々先ともいい、黒・黒―白の順に、三番勝負のうち二番を黒を持ち、一番だけ白。二段差は《定先》単に先ともいい、毎局黒をもつ。二段差は《先二》先と二子を交互に打つ。四段差は《二子》常に上手に二子を置く。
先相先:せんあいせん
定先:じょうせん



2chより
193 :名無し名人 :03/01/21 21:38 ID:7PlkX1DF
先先先に打ち込んだという表現をみかけるのですが、
この先とはなんでしょうか?


194 :名無し名人 :03/01/22 00:59 ID:TEsAPcy0
"先(せん)"とは、先(さき)に打つ、つまりは黒番のことをいいます。先番の"先"。
対局者同士の実力差のことも指しています。

黒はたった一手とはいえ先に打つので白番よりも有利です。その僅かな「有利」も
白のハンデとして存在してました。

それが、明らかに違う実力の人同士で対等に戦うと一方的になってゲームになら
ないのでハンデを設けます。「先に打つ」程度から置石をいくつか置くものまで。
それは実力差のモノサシでもあります。これを「手合割(てあいわり)」と言います。

ご質問中の「先先先」とはその実力差、のランク付けの一ランクのことです。

ですので、>「先先先に打ち込んだ」 
というのは実力(というか試合結果)をそれだけ突き離したことを言います。


195 :名無し名人 :03/01/22 00:59 ID:TEsAPcy0
互先(たがいせん)   「先」を一局ごとに交互に

先相先(せんあいせん=先先先・せんせんせん)  3局を先番→白番→先番

定先(じょうせん)=先(せん)  常に「先」か白番を持つ

先二先(せんにせん)  先→二子局(黒)→先

と、なります。


現在では「コミ」という形でハンデを設けています。「先」などの表現はコミ碁が一般化
する以前(戦中まで)は必ずというほど出てきます。
今、普通にコミ碁を打っていてそれを「互先」と表現することもありますが、それは
昔の名残りだと思われます。

、、、手合割はこう覚えたのですが自信がありません。どなたか採点きぼん。
残念ながらこの後言及なし。



[Wikipedia]
http://ja.wikipedia.org/wiki/本因坊道策
名人を九段、名人上手間を八段、上手を七段とし、以下二段差を1子とする段位制を確立した。この段位制は1924年に日本棋院が設立されるまで使われていた。
二段差を1子



ということは、九段を基準に考えるとこういうことかな。

 (同格)九段:互先
          黒白交互
(1段差)八段:先相先(※先先先、先々先、先互先)
          下手が3局のうち2局を黒、1局だけ白
(2段差)七段:先(定先)
          下手が常に黒
(3段差)六段:先二
          先と二子を交互
(4段差)五段:二子
          常に二子
(5段差)四段:二三
          二子と三子を交互
(6段差)三段:三子
          常に三子
(7段差)二段:三四
          三子と四子を交互
(8段差)初段:四子
          常に四子


(※追記)
あさださんからのコメントで、先相先は黒黒白、先先先は黒白黒と、順番が違う可能性があるようです。

検索してみたら、「一段差なら「先相先」先先ともいい、黒黒白の順に、」という記述と、「先先先(せんぜんせん) 3局のうち2局を下手が黒を持つ手合いのこと。黒白黒の順に打つ。」という記述が見つかったので、ほぼ確実かも知れません。
(ただ、後者には「先相先ともいう」という一言も付いているので不安)

(追記終わり)


手合割には他にも「先二先」(3局のうち2局が先、1局が二子)や「先々相先」(4局のうち1局だけ白)などというのもあるらしいけど、これは日本棋院設立以後に使われ始めた様子。


なんかもっと分りやすく書いてあるページがありそうな気もするけどキニシナイ。





関連しないかもしれないけど、わたしとは正反対の悩みを持たれる方が。

[遅い鳥in玄々境々]
囲碁語の悩み
http://diary.jp.aol.com/e6byjzsbqarf/313.html
posted by gona at 15:24 | Comment(3) | TrackBack(1) | 囲碁雑記 | 編集
この記事へのコメント
先相先は黒黒白で、先先先は黒白黒だという記述をどこかで見たような気がしますが、本当かどうかはわかりません。
Posted by あさだ at 2006年02月02日 16:52
あーなるほど、順番で名前を変えているかも知れないんですね。
追記させていただきます。
Posted by gona at 2006年02月02日 22:18
最初の囲みが違ってます
2段差が二回出ています
後のは三段差
Posted by 土田真 at 2016年04月14日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

幕末本因坊伝【17】秀策に纏わる短編集「囲碁中興の祖碁聖道策」
Excerpt: 庚午 一生  近代囲碁の基礎ともいえる道策流《定石》を編み出し、わが国初めての国際対局を試みた。琉球王国の第一人者として送りこまれてきた親雲上比賀(ぺいちんはまひか)は、道策の妙技に驚きの目を見張った..
Weblog: せとうちタイムズ
Tracked: 2006-02-03 01:27