2006年09月24日

CrazyStone作者へのインタビュー

Crazy Stone作者、Remi Coulom氏へのインタビュー。
この手の話題を中韓のサイトで見るのは珍しいな。

韓国・朝鮮日報(Yahoo!翻訳)
人工知能,囲碁まで侵す
WN: クレージーストンはモンテカルルで方式を使った最初のプログラムではないが囲碁プログラマーたちの間でトレンドになるに十分な成功をした.革新技術は何や?

クーロン: 無作為に出ることができるすべてのゲームをサンプリングすることはできないからモンテカルルでアルゴリズムは最高の数(手)を捜すことに失敗しやすい.例えばもし特定の獣医結果で出た無作為ゲームたちが大部分負けてしたゲームに対してだけ勝利が保障されたら基本アルゴリズムはこのゲームたちの平均を出す時相変らず不利なポジションで評価するでしょう.クレージーストンはこのような問題点を解決することができるだけ賢い.一連の数たちが他の数たちよりましに見えれば無作為ゲームでその数をもっとよく置くきらいがある.
いつも以上に翻訳が怪しい。(;・∀・)


■参考
Crazy Stone
http://remi.coulom.free.fr/CrazyStone/

モンテカルロ法で囲碁、将棋
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/monte.html
posted by gona at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁雑記 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

CrazyStone に「意地悪」な挑戦者
Excerpt: コンピュータ囲碁の世界はモンテカルロ法によって新しい展開を見せています。 モンテカルロ囲碁 コンピュータ囲碁におけるモンテカルロ法 モンテカルロ法での囲碁は、いまにはじま..
Weblog: 京都でつづる囲碁の品格
Tracked: 2009-02-09 07:49