2007年04月02日

囲碁と将棋の大和証券杯

●囲碁○

非公式戦。
日本棋院のネット対局場「幽玄の間」で行われる。(第2回大和証券杯ネット囲碁オープン

観戦できるのは有料会員のみ。
立会人のプロ棋士が解説。時には別の棋士がサービスで参加することも。(共に本名ではないので中の人は不明)
観戦者が自由にチャット可能、解説のプロ棋士が質問に答えてくれたりする。(「幽玄の間」の機能を利用して参考図を作ってくれたりも)
終局後の感想戦は無い。(少なくとも観戦者からは見えない)
最大観戦者数は不明。とりあえず将棋の800人にまで達したことはないと思う。


▲将棋△

公式戦。
将棋倶楽部24のシステムを利用していると思われる、大和証券杯専用の対局室で行われる。(大和証券杯ネット将棋公式ホームページ

無料の会員登録をすれば誰でも観戦可能。
リアルタイムに観戦できる「対局室」の最大入場者数は800人。対局が始まる頃には既に満員。(この他に5000人×4の観戦室があるけど、こちらは立会人の解説や感想戦は見れないらしい)
立会人兼解説のプロ棋士は本名で参加。(昨日の第1回戦では、ゲストかボランティアか不明ですが渡辺竜王も参加されてました。)
観戦者はチャット出来ない。
終局後に対局者と立会人による感想戦がある。




感想戦うらやましい。

囲碁の方の特徴である「観戦者が自由にチャット可能」は、対象が有料会員のみだから出来ることなのかな。制限無しに大勢の人が参加すると場が荒れて収拾付かなくなる可能性があるのかも。(現状でも無関係な雑談をする方がいますし)


なお、今月中旬から女性棋士による大和証券杯「第1回大和証券杯ネット囲碁レディース」が始まります。
posted by gona at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦 | 編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック